企業内転勤を用いた外国人材採用スキームについて

現在インドネシアに工場がある企業様向けに、

現地で人材を採用し、日本の事業所に出向させ数年働いてもらう

という仕組みを用いて人材を紹介しています。



在留資格「企業内転勤」とは

日本に支店もしくは支店のある外国企業から、日本の事業所に一定期間勤務して、

決められた職種内であれば、仕事に従事することが許されています。

このようにして、外国人を日本へ招き入れる方法は大きく別けて2つです。

  1. 日本企業が外国人社員を直接雇用し、「技術・人文知識・国際業務」などの在留資格で呼び寄せる方法。

  2. 系列企業間などで出向契約や転勤辞令などに基づいて異動する、「企業内転勤」の在留資格で呼び寄せる方法。これは簡潔にまとめると、海外事業所からの転勤者のための在留資格です。


「企業内転勤」のメリット

「企業内転勤」の場合には学歴要件がありません

「技術・人文知識・国際業務」の場合には、原則として“大学卒業”などが在留資格取得の条件となることが多いです。

そのため、高校や専門学校の卒業者でも「企業内転勤」で日本に呼びよせることも可能です。


「企業内転勤」の5つの要件
  1. 転勤の直前に、外国にある本店あるいは支店で「技術・人文知識・国際業務」に関連する業務に従事していること。職種に関しては以下の表のような職種が該当します。

  2. 企業内の転勤で、日本で働く期間が限定されていること。在留資格「企業内転勤」で在留できる期間は、3か月、1年、3年、5年のいずれかになります。

  3. 転勤先での職種が上記の職種であること。

  4. 日本人と同等額以上の給与水準であること。

  5. 会社の経営状態が安定していること。





このサイトをご覧になっている法人様も

このような方法で外国人を雇用できる可能性がございます。


お気軽にお問い合わせください!






最新記事

すべて表示

個人情報の取り扱いについて Handling of personal information

当社の個人情報の取扱いについてご説明させていただきます。 【個人情報の取扱いについて】 ・個人情報とは、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、在学校名その他の記述等により特定の個人を識別することが可能な情報をいいます。 ・エイトグローバル人材(株)は個人情報を保護することの重要性を認識し、ご登録していただいた個人情報は、職業紹介及び就職イベント情報の提供目的にご利用させていただきます。 ・当社が利